周回遅れの諸々

90年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです

漫画

三十代のオタク「「「るろ剣と和月のことは俺が一番よく分かってるんだ!」」」

はい、るろうに剣心世代です。私がジャンプを読み始めたのは、「ドラゴンボール」「幽遊白書」「スラムダンク」などが既に看板としての地位を確立してた頃。1994年開始の「るろ剣」は、長期連載としては初めて、連載開始から終了までを見届けた作品ではなか…

百合漫画「青い花」のAKB主演映画化企画と、志村貴子的なもののAKBや乃木坂への影響

青い花 1巻 (F×COMICS)posted with ヨメレバ志村 貴子 太田出版 2005-12-15 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo 二〇〇七年頃からAKB48のミュージックビデオをいくつか作るようになっていたのですが、そこから発展してAKB主演の映画を作ろうという企画がもち…

立川まんがぱーく常連による攻略ガイド

東京都立川市。中央線沿線の急成長を続けるこの街で今話題なのが、「立川まんがぱーく」です。言ってみれば公営の漫画喫茶でしょうか。料金が一日400円と格安であること、4万冊の幅広い蔵書、ドラえもんが寝てそうな押し入れを模したスペースや寝っ転がれる…

00年代初頭の女子高生漫画オタク、伊原摩耶花(古典部)の本棚

10月に発売されたムック『米澤穂信と古典部』では、原作者が考えた「古典部」メンバー4人の本棚が公開されていた。 米澤穂信と古典部posted with ヨメレバ米澤 穂信 KADOKAWA 2017-10-13 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo オタクとしての伊原摩耶花 「古典…

『小説 魔法使いの嫁 銀糸篇』 原作を知らなくても楽しめるファンタジー小説集

人外×少女の現代ファンタジー漫画、ヤマザキコレ「魔法使いの嫁」の、小説アンソロジー。先行して発売された『金糸篇』とは執筆陣を替えての一冊。 東出祐一郎「ウォルシュ家攻防戦」 真園めぐみ「ナチュラル・カラーズ」 吉田親司「戦場の赤子」 相沢沙呼「…

青木U平「フリンジマン」 不倫は文化ですか? いいえ、エンタメです

フリンジマン(1) (ヤンマガKCスペシャル)posted with ヨメレバ青木 U平 講談社 2013-12-06 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo 恋愛、というか、男女の駆け引きをレクリエーション的に描いた作品が、今、楽しい。「次にくるマンガ大賞」を受賞した「かぐや様…

俺が「げんしけん」世代のオタクだ

例えば、大学に入って、アニ研とか漫研とか、明らかにオタクなサークルに入る覚悟がなくて。名前からはそうと分かりづらい、オタ活もそんなに本格的じゃないじゃないサークルをついつい選んでしまったり。 例えば、男所帯のオタサークルに新歓でせっかく女の…

妹はいくつになっても可愛い、むしろ大人になった妹のほうが可愛い

「妹が欲しい」「お前の妹ってことは三十路超えるけどそれでもいいのか」みたいな会話は匿名掲示板ではお約束のネタだ。妹=庇護対象みたいなイメージが、キャラクターの枠を未成年に止めようとしてるんだろうか。ワタシ的には結婚しようが子供産もうが妹は…

関谷あさみの父娘漫画「千と万」 おっさんもJCも同じ人間よ

成年漫画において、細い線で描かれた女子中学生、ビビッドな心理描写と濃ゆいエロで人気を得てきた、関谷あさみ。中一の娘と中年サラリーマンの父子家庭を題材にした「千と万」全3巻は、彼女の本格的な一般誌デビュー作となった。帯に曰く、「普通の中学1…

「かぐや様は告らせたい」石上会計と、愛され非モテキャラブーム

例えば、映画公開間近、森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」の先輩。 例えば、赤塚不二雄の漫画を原作とする「おそ松さん」の六つ子。 例えば、竹宮ゆゆこ「ゴールデンタイム」の二次元くん。 例えば、マドカマチコ「WxY」の横田先生もしくはKY☆ポコニャン先生…

「だがしかし」 新ヒロイン・尾張ハジメはスキだらけ!

週刊少年サンデーに連載されている「だがしかし」は、田舎の駄菓子店の息子「鹿田ココノツ」通称ココナツを主人公に、毎回駄菓子の薀蓄を披露していくショート漫画だ。一見地味な題材のこの作品の華は、都会からやってきた、年齢不詳のグルグル目巨乳美女・…

二宮ひかるの思い出と再会 「ナイーヴ」「ハネムーンサラダ」、それから……

sube4.hatenadiary.jp 妹の結婚式に参加してから約半年。先日は同期の式にも参加させてもらった。その度、チャペルで賛美歌を聞きながら「ハネムーン・サラダ」という漫画のことを思い出してたこともあって、最近は作者・二宮ひかるの作品をちょくちょく読み…

「かぐや様は告らせたい」 ラブコメにレクリエーション要素を持ち込む

ヤンジャンで連載中のラブコメ、赤坂アカ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」が面白い。「マンガ以上ラノベ未満」という当初のアオリには何言ってんだこいつ感しかなかったけど、段々この漫画なりの楽しみ方が分かってきた気がする。 「恋愛は…

「バーナード嬢曰く。」と「俺ガイル」 自意識あるあるの幻

アニメ化に乗って、以前から気になっていた「バーナード嬢曰く。」を読んでいた。kindle unlimitedのラインナップに入ってたし。そしたらなんだか「俺ガイル」を連想してしまっていた。 読書家の自意識 読むとなんだか読書欲が高まる“名著礼賛”ギャグ! 本を…

最終兵器彼女:新海誠がブレイクしたので、今一度三大セカイ系について語る 01

sube4.hatenadiary.jpsube4.hatenadiary.jp 「君の名は。」が大ヒット中の新海誠は、00年代前半に「ほしのこえ」で脚光を浴びた。このアニメを評するのによく使われていた言葉が「セカイ系」だ。当時は「ほしのこえ」に高橋しんの漫画「最終兵器彼女」、秋山…

フジリュー版「銀英伝」が相次ぐ濃いキャラの登場で面白くなってきた

……気がする。 和製スペースオペラとして80年代に一世を風靡し、今もなお多くの人に読み継がれている田中芳樹「銀河英雄伝説」。この小説を「封神演義」の藤崎竜が漫画化したものが、現在ヤングジャンプで連載されている。 銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫…

現代の光源氏描くエッチ漫画「源君物語」、14股達成は約5年かけて折り返し地点過ぎる

ヤングジャンプ連載のエッチなラブコメ・稲葉みのり「源君物語」が、劇中において「(作中時間で)あと1年で残り6人を落としてもらう」とタイムリミットを設定した。これにより物語はもう折り返し地点を過ぎていることが改めて実感させられた。 「源君物語…

水木しげる風の有名文学要約本 ドリヤス工場『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいのマンガで読む。』

忙しい現代人のため、恥ずかしくて今さら人には聞けないあなたに、といった謳い文句ですっかり出版ジャンルとして定着した感のある有名作品要約本。web漫画サイト「トーチweb」で連載中の本作もそれに乗っかったものだが、ちょっと変わっているのは水木しげ…

(気の合う趣味友達+行動力)×オタクライフ=「腐女子のつづ井さん」

【Amazon.co.jp限定】腐女子のつづ井さん 限定特典付 作者: つづ井 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/02/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 腐女子のつづ井さん<腐女子のつづ井さん> (コミックエッセイ) 作者: つづ井 出版社/メ…