周回遅れの諸々

90年代育ちのオタクです

Vtuber響木アオ 1stライブ TSUTAYA三軒茶屋店の中心でまほうの鏡号を叫んだオタク

バーチャルyoutuber響木アオちゃんのリアル1stライブ「みんなと響きあいたい」行ってきました! 控えめに言って、これは大成功なのでは。正直アオちゃんの集客力をナメてた……ごめんよアオちゃん

響木アオちゃんとは


アオちゃんは、ぼっちネタと語彙力の無さと不純と時折垣間見える関西弁ニュアンスと、あとモデリングがカワイイofカワイイのがウリのVtuber。2月14日にデビューした。コツコツ毎日更新してきて、4月21日ライブ当日の登録者数は1万8000くらい。初手の自己紹介動画がAVの面接パロという飛び道具で、それ自体はインパクトがあったものの、以降は本人? も認めてる通り、ちょっと伸び悩んでる感じというか、Vtuberバブルのこの時代、存在感が希薄なのは否めず……。


sube4.hatenadiary.jp


だから、ライブが発表された時、不安8割期待は2割くらいでした。ただでさえVtuberのリアルライブ自体まだ前例が少ないし、発表が開催の二週間前って予定つかない人多そうだし、アオちゃん本人はすっげえ楽しみにしてるけど時期尚早じゃないかと思ったので……(後方参謀ヅラ)

300人が集ったTSUTAYA三軒茶屋店。クセになる物販の歌

大幅な変更を余儀なくされたスケジュール


ところが、ですよ! 当日の21日(土)、物販が始まる14時に行ってみたら、そこには既に長蛇の列が! 私が並んだ時点で既に1000円以上購入でもらえるチェキ券はなくなったとのことでした。それでも当初50枚を予定してたのが100枚に増刷したっぽい。ああ……これはチェキできなくて悔しい涙じゃない、アオちゃんが大人気で嬉しい涙なんだ……


ライブ会場となったTSUTAYA三軒茶屋店さんでは、今月頭からアオちゃんの写真展が開催されています。結構普段から色んなイベントが行われてる店舗みたいですね。なんかTSUTAYAの仕掛け人的な人ががんばってくれたみたいです。そこで売られたアオちゃんの記念すべきグッズの第一弾であるアクリルキーホルダーは、最初に用意したものが即日完売。今回のイベントもその結果を汲んでのことでしょう。


f:id:megyumi:20180423200405j:plainf:id:megyumi:20180423200343j:plainf:id:megyumi:20180423200331j:plain
あの自己紹介動画に飛ぶQRコードを外で!?


この店はレンタルの棚とコミックの棚の間にちょっとした縦長のスペースがあって、物販はそこで売られてました。ライブも同じところでやるらしく、物販が終了するまでライブの列形成ができない状態。しかし予想外の人数に一つしかないレジはなかなか進まず……*1。店内BGMではおそらく今回のためだけに作られた物販のうたが延々と流れてて、並んでる間、脳をやられました。


www.youtube.com


ぶっぱーんぶっぱぶっぱぶっぱぶっぱーん買って買って買って買って~


ライブ開始! コールは常識の範囲内で


……キーホルダー、CD*2、生写真。全てのグッズが完売して、15時開始予定だったライブが始まったのは16時くらい。結局整理券とかなくて先着順というかなし崩し的に列が形成されてました。最終的に300人くらい集まったのかな? 店の奥に設置されたディスプレイから入り口まではぎゅうぎゅう詰め。まず今回の仕掛け人的な人の挨拶と司会による注意事項があり、本当に想定外の人数であること、そのためイベント進行に大幅な変更があること、アオちゃんをできたら武道館まで連れていってあげたいこと、そして少しでも後ろの方の人が見やすいよう、前半分くらいの人は座ることに。ナイス判断。


で、アオちゃんが正面のディスプレイに登場! それから先の様子は、アーカイブ動画を観てもらった方が早いでしょう。


youtu.be


左右に三歩ずつステップすればもう体がはみ出してしまう狭いディスプレイの中で、アオちゃんが歌う! 踊る! 笑う! 楽曲のクオリティの高さとアオちゃん特有の謎振り付けが響き合って、可愛さが倍の倍のさらに倍! 当初緊張してたのか震えてたアオちゃんの声も、喉が温まるにつれてクリアになっていきました。


……あれ? 観客あんまり盛り上がってなくね? って思った人、正解。今回インストアイベントということもあり、飛んだり跳ねたりオタ芸したりはもちろん禁止で、コールも常識の範囲内というお願いが事前にアナウンスされてました。でも常識の範囲内ってどれくらいやねん? って当初は不安だったんだけど……この、手探りでこれくらいなら大丈夫かな? これくらいならどうだ? って感じ徐々にテンション上げてくのが逆に楽しかった。アオちゃんも間奏の時に「スタッフさんこれくらいなら怒られませんかー?」って聞いたりね。


ライブでは

  • 電子のシンフォニー
  • はらぺこパレード
  • chuchu❤️だーりん


の、オリジナルソング三曲が歌われました。どれも事前に配信で発表されたもので*3、この内chuchu♥だーりんは、公式がコール動画をあげてくれてます。優しい。……ただし公開はライブの二日前。しかもこのコールが結構凝ってるという。


youtu.be


私は覚えきれてなかったんだけど、そこは前方にいた場馴れしたガチ勢が引っ張ってくれました。毎日投稿ありがとう! 超・絶・カワイイ・ア・オ・チャン! ちなみに光る棒の色は「アオ」だけど白。アオちゃんが大根好きだから。これは次回のライブに参加する人は覚えておきましょう。


合間のトークも、アオちゃんがとても楽しそうで。観客に好きな動画を挙げてもらうコーナーでは例の「自己紹介」動画ですって答えた人が決め台詞「不純ですよ!」をもらってたり。「アオちゃん大好きです!」って最後に付け足した人に「アオも〇〇さん大好きです!」って返したり*4。あとコール&レスポンスしたり。他にも現地の反応を即座に掬い上げてネタにしてて、やっぱり語彙力はないかもしれないけどトーク力はあるよなあアオちゃん……と感心することしきり。あと油を売る動画を挙げた人はナイスチョイス。火属性付与(エンチャントファイヤ!)


youtu.be


当初発表されてたセトリを終え、退場したアオちゃんはしかし、湧き上がるアンコールの声に応えて、再登場! アンコール曲用意してるのにアンコールしてもらえなかったらどうしようかドキドキしたと吐露するアオちゃん。私もインストアライブって初めてでアンコールしてもいいものか分からず、自分一人だったらそのまま帰ってたかもしれない。最初に音頭を取ってくれたガチ勢に改めて感謝。


……で、アンコール曲は「まほうの鏡号」! 2000年代前半エロゲソングのかおりが漂う電波系ソング。幸か不幸かアオちゃんを代表する楽曲となってしまいました。


youtu.be


当然観客のボルテージは高まる一方。chuchuchu❤️だーりんと違って事前に歌うって発表があったわけでもコールの練習動画が提供されてたわけでもないのに、ごく自然に統制が取れてたのがすごい。

みんなが響き合ったチェキ会


魔法のかがみ号で今度こそほんとにライブ終了。の余韻も冷めやらぬままに、今度はチェキ会へ。これがまた、他人様が撮影するのを観てるだけで楽しかった!


そもそも画面の向こう側の存在とチェキ会ってなんだよという話ではありますが、そこは工夫を凝らしてる人もいて。例えばディスプレイの中のアオちゃんと掌を合わせるようにしたりとか。五本の指で狐を作ってもらうようお願いしたら、「今ちょっとアオは複雑骨折(多分モデリングの限界)してまして……」って返しされるなんて一面もありましたが。人気だったのはハートマークと、ダブルピースと、指差し「不純ですよ!」してもらうやつでしたね。機材トラブルが起こった時には間を持たせるためにしりとり始めたりとか、アオちゃんのアドリブ力もきらりと光ってました。最後に動画配信の時と同じく必ず「また明日〜」って挨拶してくれる礼儀正しさも推せる……



100人との撮影を終えたのは17時50分。最後に、アオちゃんから後方彼氏面勢にお言葉いただいて終わり。アオちゃんもスタッフの方も初めての試みで何かと大変だったと思いますが、お疲れ様でした! 普通に買い物に来てた他のお客さん、謎のイベントでお騒がせしてごめんなさい。

2nd LIVEはいつですか


てことで、誰も行かなくてアオちゃん曇ったら可哀想だし俺が行かねば……ってみんなが思ったであろうライブですが、蓋をあけてみれば大成功でした。スタッフの方たちも観客も、そしてもちろんアオちゃんも、温かい雰囲気に包まれてた現場だったと思います。


このイベントは、Vtuberワンマンライブという前例の少ないものでした。さて、それではリアルな演者とは異なるVtuberにしか成し得ないリアルライブというものがあるのか、ないのか。あるけどまだ見つかってないのか。それは分かりません。私が言えることは、二次元とか三次元とか関係なく、あの日あの場にいたアオちゃんが確かにアイドルだったということだけです。


ステージ横、不純な垂れ幕の裏には不純なDVDが。。。ではなくて、アオちゃんがまほうの機材で【魂】を吹き込む儀式が?


ただ今回はあまり前例がないVtuberのライブ、しかも無銭ってことで注目を集めた一面もあるとは思います。真価を問われるのは【次】でしょうね。ですよね? てなわけで2nd LIVEを早く、全力コールOKの会場で開催しておくれ。今度はコール完璧にしてくから。


……ていうか、最初にチェキ会に参加できなくてもそれだけ大人気ってことが分かって嬉しいって書いたの、あれ前言撤回。現地で撮影してる人みんながすげえいい笑顔してて、今こうしてレポを書いてる間にもチェキ撮影したい熱が高まってきた! あ゛〜〜〜チェキできた人羨ましい〜〜〜〜!


かしこ

*1:グッズの表示価格が税別で、端数の小銭が必要だったのも拍車をかけたみたい

*2:なんとプリントなしのCD-R。手売り感すごい

*3:2ヶ月の間に三曲って結構ペース早い気がする

*4:めっちゃ羨ましいいいい

最新記事>>一覧