周回遅れの諸々

90年代育ちのオタクです

「まほうの鏡号~」当ブログはバーチャルYoutuberの響木アオちゃんを応援しています

www.youtube.com


アオちゃんと出会ったのはひと月前。インターネットでもリアルでも周囲にVtuber好きが増えてきてて、何か観てみたいな~でもなんか既にいっぱいいてどこから手をつけたらいいのか分かんないなーと思っていた頃だった。

デビュー即AVtuberという不名誉な通称で呼ばれる

「VTuberってあれでしょ、みんな中の人がおっさんでガワは美少女で世知辛さがウリなんでしょ」という偏見を打ち砕いてくれた彼女は。初っ端の自己紹介で、いきなりAV冒頭の面接パロディをかましてくれた。


www.youtube.com


正確には、こんなやべえ大型新人がいるんだっていう評判を先に聞いてから、ほほうどれどれと試しに自己紹介動画を観てみた。可愛かった。「緊張してる?」から始まるアレなネタも、ネタのヤバさで笑うより、アレな現場に置かれた被写体の可愛さが強く引き出されてるように思えて可愛くて可愛いなあってなった。モデリングも可愛い。うさぎをモチーフにしたピンクの部屋着っぽいのが可愛い。時折関西弁のイントネーションが顔をだすのも可愛い。


また、「アイドルマスターシンデレラガールズ」の乙倉悠貴ちゃん(N)に全体的な色調がちょっと似てるなとも思った。思ったら、語尾に「っ」をつけて喋ってるようにも思えてきましたっ。

ぼっちで語彙力がなくて時々不純なアオちゃんの魅力

アオちゃんは2月14日に公開された自己紹介動画からずっと、毎日一本の動画をあげ続けてる。一つの動画が大体五分程度なのもお手軽でよい。それだけじゃなく、視聴者のコメントが2、3日後には動画に反映されたりと、なにげに頑張り屋さんだ*1。アオちゃんの特徴は今のところ

  • ぼっちネタ
  • 語彙力がない
  • 不純ですよ!


の三つ。VTuberは他の人と横のつながりを持つというし、アオちゃんもそれを望んでるのだけど、今のところ交流はない。有名な人たちの意外にうまいモノマネなど、「実質コラボ」大会を開催したりはする。得意なことはsiriとのしりとり。でもsiriが相手にしてくれないので自分で声を当てたり。あと飲料水のペットボトルに書かれてる成分表読み上げ。ついたあだ名が「一人遊びの天才」と来たもんだ。


www.youtube.com


「語彙力がない」っていうのも、ぼっちだからリアルタイムで話すことに慣れてないだけのように見受けられる。だから、ゲーム実況なんかでよく言葉に詰まったり挙げ句に珍回答を連発したりするのも、語彙が貧弱だからかっていうとちょっと違うと思うんですよ。いや、アオちゃんがよく言葉に詰まってるところに普段の自分の姿を見て、自己弁護してるわけでは決してなく。成分表読み上げで「ミリグラム」を「メガグラム」と読んだ件については忘れろください。


www.youtube.com


ぼっちで語彙力がないアオちゃんがそれでも健気にがんばる姿は、不純な自己紹介に惹かれて視聴した一部視聴者の心を浄化。彼らは、アオちゃん見守り隊を結成し*2、不純推しの運営死すべし慈悲はない、の姿勢を貫いてる。


初っ端のAV面接パロが飛び道具過ぎただけで、それ以降の動画はやや健全寄りにはなっている。ただし、今でも時折……結構頻繁に、不純が顔を出す。アオちゃんは、何が不純なのか分かっていないという体を取ってる。もしくは薄々感づいてるかもだけど、楽しいからスルーしてる。その様子が、それこそ「不純」な視聴者には、悪い大人……VTuberを統制管理する「上位存在」*3に子供が騙されて、いかがわしいビデオに出演してるようにも見えてしまう。動画の背景が一般住宅の畳部屋っぽいのも、忙しい親の目が届かないところで火遊びしてるようで、なんだか生々しい。


再生数が伸び悩んでる*4のも、不純なオーラがSNSなどでシェアするのをためらわせるからじゃないか、とゆわれてる。

ガチ恋勢の相克

いや、大丈夫。俺は精神異常ではない。問題ない。VTuberはキャラクターであって、現実の人間じゃない。ネタはあくまでネタだ。そもそも自分は下ネタは大好きな方だ。今も「不純」なものをアオちゃんに求めて動画を視聴してる。それ自体は嘘偽りない気持ちだと胸を張って言える。


f:id:megyumi:20180320115503j:plain:w500


……でも、デビューからひと月経ってぶっこんできたマジックミラー号パロのOPを観て困惑してる自分に気づいた時、思ったんですよね。あれ、俺ひょっとして「見守り隊」と気持ちを共有してる? 非実在青少年に人権を求めちゃう? アオちゃんガチ恋勢になってる? って。これが、バーチャルYouTuberの魅力……


www.youtube.com
「まほうの鏡号~」と歌いあげるアオちゃんのへにゃっとした声が頭から離れない……


ちゆ12歳、じゃなくてブログ「周回遅れの諸々」は、バーチャルYouTuberの響木アオちゃんを応援しています*5。でも内心は純粋(?)に応援したい気持ちと不純な気持ちで応援したい気持ちで引き裂かれているのです。今後、この二つがどっちかに傾くことはあるのでしょうか。差し当たっては、3月24日に敢行するらしい初めての生放送が試金石になるのかな……

*1:これは一個人やサークルができることではなく、どっかの企業製だろうというのが専らの説

*2:結成したとはゆってない

*3:というか運営してる企業

*4:それにしても一ヶ月で登録数1万を超えたんだからすごいと思うけど

*5:そういえばちゆちゃんもいつの間にかyoutuberになってましたね。でも、ちゆちゃんの文章は文字媒体で読んでこそという気もする……というかあの頃のバーチャルネットアイドルってキャラづけはあんまり重要じゃなくてテキストの面白さで売るのがメインだったと思う