周回遅れの諸々

90年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです

なつかしの異世界転生・召喚:異世界トリップもののどん詰まり 『幻夢戦記レダ』から『覇壊の宴』へ 

異世界自衛隊が活躍する」
「『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』だ……」
「エルフが奴隷にされたりする」
「『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』だ……」
「政治、経済、軍事、その他社会的な風刺もたくさん盛り込まれてる」
「『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』だ……」
「主人公は異世界の支社に左遷された、しがないサラリーマン」
「『覇壊の宴』じゃねえか!」


ということで、連載第2回は日昌晶「覇壊の宴」(全2巻)を取り上げたい。


sube4.hatenadiary.jp


上記した通り、自衛隊FTの人気作「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」を、2000年時点で先取りしていた小説でもある。



あらすじはこうだ。原油を始め地下資源は枯渇寸前で、環境汚染も進んでいた地球。そこに降って湧いたように、「新世界」と呼ばれる異世界へのゲートが発見される。地球側の企業はこぞって人員を送り込み、原油、鉄鋼、ウランなどを採掘しまくった。また東京都を含む自治体は、大規模なごみ処理施設を異世界の各地に完成させもした。一方で、地球人類と酷似した知的生命体が築いていた中世ヨーロッパ風の文明は、観光地としても人気を博した。


……だが、それも長くは続かなかった。元々の政情不安に加え、地球側のやり口は現地住民との間に当然の軋轢を生んだ。地球側でも現地の文明を一顧だにしない侵略には批判が高まったのか、新世界への自動車などの輸出を規制する高度文明化抑制条項、二酸化炭素排出規制条項などが結ばれたが、抜け道はいくらでも存在する。国連は治安維持のためPKFを派遣したものの、これはかえって逆効果になっている節もあった。他にも地球側の原油価格が大幅に下落したことによる中東の過激派の流入絶滅危惧種のクジラやマグロを元々の生態系を無視して新世界の海に放流しようとする政府を批判する環境保護団体、長寿命からその身体を医薬品として売買されるエルフ、新世界からやってきて歌舞伎町で立ちんぼする亜人の女性などなど、問題は山積みである。


主人公鈴木和夫は、新世界の王国「デロナト」の言語検定準一級を取得していることだけが取り柄の、食品会社に勤めるサラリーマン。上司の愛人に手を出したことで、新世界にある社の有害廃棄物処理場に左遷されてしまう。国境を超えて有害廃棄物を移動及び処分させてはならない、でも異世界ならいいんでしょ! というグレーゾーンの商売で、社の本業ではないが莫大な利益をあげている。鈴木がいるのは、あくまで常駐社員を置かなければならないと法で定められているためで、社員は彼一人だけ。体のいい? リストラである。彼に目をつけたのが、ラースター王女。彼女は鈴木という現地邦人の保護を名目に、PKOで派遣されてきた自衛隊を他国との戦争に駆り出そうとする。当然、憲法九条を盾に一旦は断られるのだが……。


長々と説明したのは、この小説の最大の面白みは舞台設定と無数に散りばめられた小ネタにあるからだ。また鈴木くんは平凡なリーマンであるものの、この物語は群像劇の色が濃く、戦車の砲弾と魔法が飛び交い、血湧き肉踊る、楽しい楽しい戦記物だったりもする。地球側の技術を借りたラースターの切り札が、現地人には免疫のないインフルエンザウィルスを搭載したミサイルというのも気が利いている。一方では、地球側を接待するために、現地住民がランパブもどき(ただし接待されるのは女性でする方は男性)を開催したり、ゴルフ接待の代わりにドラゴン狩りを行ったり。

続きを読む

『ライトノベル史入門 ドラゴンマガジン創刊物語』 獅子王、ザ・スニーカー、NewTypeなどとの比較の中で

富士見書房*1が発行するライトノベル雑誌『ドラゴンマガジン』は1988年に創刊され、今年30周年を迎える。『スレイヤーズ』や『オーフェン』、『フルメタ』などが連載されてきた、ファンタジア文庫の旗艦雑誌である。



それを記念した特集の中で、『フルメタ』の作者・賀東招二は、こう語っている。

そのころテーブルトークRPGを趣味でやっていて、ドラゴンマガジンって聞くと、アメリカにそういう名前のRPG全般を扱っている雑誌があったんです。なので、あーそれの日本版なのかなっていうふうに勘違いしてました(笑)そういえば、築地さんもおなじこと言ってたかな?「あードラゴンマガジンの日本語版出たのかー」って、本屋で手に取ってパラパラ見たら全然違ってて、なんじゃこりゃって棚に戻したのは覚えてる。


賀東が述べているのは、米のTSR社が1976年から2007年にかけて発行した雑誌のことのようだ。……この話は、インタビュアーにも特にツッコまれることなく終わる。一方で、『ドラゴンマガジン創刊物語』においては、創刊責任者の小川洋がこんな裏話を披露している。

そうして作った企画内容を角川春樹さんに持って行ったら、「いいんじゃないか。雑誌名は『ファンタジア』がいいと思うんだ」って言われたんです。だから『月刊ファンタジア』という雑誌名で準備を進めつつ、今度はそれを角川歴彦さんに見てもらったら、「こんなんじゃダメだ、判型はA4版、雑誌名は『ドラゴン』がいい」と言われて、「えー、カッコ悪い」と思う面もあったんですけど、当時『D&D』をやっていた新和が『ドラゴンマガジン』という専門誌を出していたし、色々調べたんです。で、どうやら『ドラゴン』の版権は新和でなく学研が持っているようだと。だからそれをわざわざ買って、雑誌名を『ドラゴンマガジン』にしました。

後にお家騒動に発展してメディアワークスを生んだ角川兄弟の確執のことを思うと、色々想像させられるものがある


wikipediaによると、新和の『ドラゴンマガジン』は、先に賀東が挙げたTSR社の『ドラゴンマガジン』にあやかってつけられたものらしい。ただこの書き方だと資本関係などはないようだ。とはいえ、『ドラゴンマガジン』という雑誌は三つ存在し、しかもこれらは些細ながらつながりがあった。まあRPGに関連するものとしてはすぐ思いつきそうな誌名だし、興味ない人からすると「だから何?」ってなエピソードだけど、こういうのも研究者の大事な仕事だよなあと、この事実を掘り出してきた著者に感心する。

ドラマガの前にドラマガあり、ドラマガの後にもドラマガあり


本書は、『ドラマガ』の創刊に至る経緯、創刊後数年の推移、当時の若者の読書を巡る状況などを探るものである。著者は『ライトノベルよ、どこへいく』の山中智省。新聞・雑誌など数多の文献における「ライトノベル」という言葉のあり方を辿った良書だった。



関係者への豊富なインタビューが『ドラゴンマガジン創刊物語』の特徴で、


などの貴重な証言が収録されている。


この手の評論では、とにかく当時対象がいかに画期的だったかを語りがちだ。『ドラマガ』が生んだ最大のヒット作『スレイヤーズ』を取り上げる言葉も同じで、ラノベ評論を読むと、だいたい文芸の歴史の中でいきなり登場したような書き方をされている。神坂一の作風に多大な影響を与えた作家として、火浦功に言及されることは滅多にない。


しかし著者は、むしろ他誌との比較の中で、『ドラマガ』の新しさを見出そうとしている。そこで重要なのが、『ドラマガ』以前にも『ドラマガ』は存在した、という視点である。

*1:ある時はKADOKAWAの子会社、ある時は一部門

続きを読む

なつかしの異世界転生・召喚:神坂一「日帰りクエスト」 遊び人LV.1、週末は異世界で

この素晴らしい世界に祝福を!」について、担当編集者が「現代版『スレイヤーズ』」と評したことがある。なるほど、ファンタジーRPGのお約束をとことんいじるという点で言えば、「このすば」を始めとしたなろう系の作品群は、1990年代に一世を風靡したライトファンタジー「スレイヤーズ」(正確にはその外伝)に通じるものがある。でも私はそれを聞いて、「同じ神坂作品でも異世界トリップだったらスレイヤーズより日帰りクエストだろ!?」と思ってしまった。



「日帰りクエスト」全4巻は、1993年から1995年にかけてスニーカー文庫から刊行された。「スレイヤーズ」「ロスト・ユニバース」に比べるとやや影が薄いけど、神坂作品のベストに挙げるファンも多い。


主人公は、ごく普通の――平凡な日常に嫌気が差して異世界に召喚されることを本気で待ち望んでたことと、アレな性格以外は――ごく普通の女子高生ムラセエリ。ある日、念願叶って彼女はついに異世界に召喚される。そこは、竜人(ギオラム)と呼ばれる亜人による侵略が進む王国だった。

「これよっ!」
彼女はその場でガッツポーズを取った。
「あたしはこーゆーシチュエーションを待ってたのよっ!」
魔道士は、ただぼーぜんと、そんな彼女を眺めている。
「毎朝の通学ラッシュもっ! 塾も来年の受験戦争も、やがてやって来る就職もっ!親の小言もうっとーしー担任も、これでぜぇぇぇぇんぶさよならよっ!」


ここまで前向きに現実逃避する主人公というのも結構珍しいんじゃなかろうか。その後、これから始まるだろう大冒険や王子様とのロマンスを想像して、胸を弾ませるエリ。しかし実はこの召喚は、「どんなのが来るか分からないから、最初はとりあえず当たりさわりのない奴を呼び出して向こうの世界の話を聞いてみよう」という理由によるもので、彼女は伝説の勇者でもなんでもなかった。このままでは話を聞いたら、即地球に返還されてしまう! そう感づいたエリは、召喚者を舌先三寸で脅して、毎週日曜の決まった時間には必ず自分を召喚することを約束させる*1

*1:週休二日制が普及してる現代なら「一泊二日クエスト」とかになったんだろうか……

続きを読む

秋田禎信とSUBARU、五つのハートフルな物語 『Your story with あなたとクルマの物語』


というわけで、ノベライズ大好きおじさんと化した近年の秋田禎信作品の中でもぶっちぎりに謎な仕事、SUBARUの同名CMシリーズの小説版です。ほんと、SUBARU車どころか普通自動車免許も多分持ってない秋田になんでこんな仕事が来たのか……*1


sube4.hatenadiary.jp

www.subaru.jp


どうやら金曜ロードショーで流れてるこのCM自体が、「泣ける」と評判の様子。し、知らなかった。CMのノベライズ、という企画がそもそも謎なんですが、まあCM自体のコンテンツ化っていうのはわりと定番なのかなとも思います。大成建設Z会新海誠製作CMとか。それこそ、金ローで放映される映画の内容に合わせたコラボCMとか。「君の名は。」金ロー版の怒涛のコラボCMは記憶に新しいところです。


この作品は、元のシリーズCMから五つの物語を小説化しています。

  • 「父の足音」篇
  • 「以心伝心」篇
  • 「路」篇
  • 「新天地」篇
  • 「助手席」篇


の五篇です。大まかな筋は原作と同じでありつつも、秋田先生により登場人物の過去や内面描写が肉付けされています。


車のCMだけあって、登場人物の年齢層は高め。彼らはそれぞれが自動車にまつわる、苦い記憶を抱えています。高校まで送ってくれる父との二人っきりの空間が苦手だった受験生、撮影旅行で現地に向かう際、進路のことについて相棒と口論になり途中で降りていってしまい以降長いこと会ってない中年編集者、友人とのドライブで乱暴な運転をされ車酔いでもどしてしまった女性……。誰もが日常的に遭遇する可能性のある出来事たち。

*1:1999年のインタビューや、最新では2015年時点で車に限らず運転免許の類を持ってないとtwitterで本人が述べています。以前「おっさんのたまご」というエッセイ企画で取得した小型船舶免許も既に失効したようです

続きを読む

サンリオ男子とサンリオアニメ男子は違うし全フェアリル研究家は瀬谷愛さんを讃えよ

ハローキティマイメロディ、ボムポムプリン。サンリオの生み出したかわいいかわいいキャラクターたち。彼らではなく、彼らをこよなく愛する男子高校生たちを主役に据えたアニメ「サンリオ男子」が、現在放映されてる。


 サンリオ男子 - 俺たち、青春、はじめました。

意外に人情派な「サンリオ男子


事前情報からイケメンたちによるもっとゆるゆるでキラキラな作品だと思ってたら、サンリオ好き男子の悩みについて意外にも実直な、悪く言えば重苦しい内容で驚いた。


人情モノ、というのが近いだろうか。おばあちゃんにもらったボムポムプリンを大切にせず、そのことを謝れないまま逝かれてしまったプリン好き、留守がちの親に代わって遊びもせず家事をこなしてるのに妹に趣味をなじられるマイメロファン、部活のチームメイトに突っかかるような物言いばかりしてしまうキティさん信者。


f:id:megyumi:20180131184732j:plain

ハローキティを女神と崇め「キティさん」と呼ぶ吉野俊介くん


中学生になっても妖精=フェアリルを信じてるのにクラスの人気者だし自分に何ら恥じることのない「リルリルフェアリル」の一期主人公(の片割れ)、花村望くんとは大違いだ。

続きを読む