読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周回遅れの諸々

90年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです

次世代の主人公とたてまつられる人間は、こっけいだねえ!

オタク

f:id:megyumi:20160927200100j:plain:h200


ドラゴンボール孫悟飯 息子はセルにやられてる


ドラゴンボール」でセル編が終了してから数年後、大きく成長した悟飯が都会の学校に通い出した頃の話が好きだった。冴えない転校生が実はかつて地球を救ったこともある戦士で、日常生活でも力をセーブしなきゃいけないんだけど、ついやり過ぎてしまって……という設定にボンクラ魂を惹かれた。しかし、人気がなかったのか、元々その予定だったのか、物語はすぐに天下一武道会からの魔人ブウ編に入ってしまい、主人公としての悟飯の影も薄れていった。まああのままグレートサイヤマンを続けてても発展性がなかった気はする。


シリーズ物の世代を跨いだ主人公交代劇は難しい、とはよくゆわれる。なんだかんだゆって読者は旧主人公に愛着を持って作品についてきた人が多いだろうし、交代に当たって作品の変質は免れないし、逆に変わらないなら主人公を交代する意味がない。これに新主人公がシリーズ途中からの新加入キャラで旧主人公に対してやたら噛みついてきて作者からは優遇されていて(いるように読者には見えて)、なんていうのが加わるともう、旧主人公がやたらヘイトを溜めてでもいないと積みである。


悟飯については、人造人間との戦いで片腕を失い、トランクスの師匠ポジとなっている未来悟飯がかっこよかった。というかあの未来トランクス編自体のシリアスなトーンが最高だった。トランクスというキャラクターはフリーザを真っ二つにした初登場時から成功が約束されたようなもので、アニメ独自の続編「GT」ではチビ悟空、パンと共に冒険する主要キャラに選ばれている。悟空と違って社会的な意味でも良き父である悟飯の姿は、そこにはない。


それでも悟飯は一度は主人公の座に就いた。一方で、続編ではこいつら主役の話が見たいとファンから言われたりしながらも、さらに下の代にその座を奪われた、谷間の世代ともゆえるキャラクターっていうのもいる。


続きを読む

秋田禎信とかいうコラボ・ノベライズ大好きおじさん エロゲから国民的漫画まで

ラノベ ラノベ-秋田禎信

sube4.hatenadiary.jp


昨日、「VS.こち亀」の話をした。オーフェンこち亀って接点皆無じゃないですか!? と驚いた人も多かったようだけど、実は秋田禎信という作家は、この10年くらい、意外なところでの原作つきの仕事やコラボに積極的に関わっている。昔に比べればネームバリューのある作家のノベライズというのはぐっと増えたし、例えば西尾維新辺りもかなり多いんだけど、秋田の場合全体の執筆量の中でのノベライズ・コラボの比率がめっちゃ高い。


ノベライズという仕事の魅力、本質について、秋田はこんなことを言っている。



では、実際に関わった作品はどんなものがあるだろうか。ちょっと長くなるけど勘弁して付き合ってほしい。


続きを読む

「VS.こち亀」 コラボ相手としての両さんとはどういう存在なのか

ラノベ

j-books.shueisha.co.jp


連載40周年&単行本200巻記念という名目だったのがいつの間にか完結記念になっていた、「VS.こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所ノベライズアンソロジー」を読んだ。ちなみに作家陣は執筆当時、完結を知らなかったらしい。そうと知っていれば内容変えたのに! って人もいるだろうに。恐ろしい恐ろしい……



VS.ガルパン「両津&パンツァー」の遠慮のなさ

6作の中では、本業小説家ではない、そしてアニメの原作者というわけでもない、岡田邦彦という人*1が書いたVS.ガルパンが一番面白かった。


ガルパン世界では男が戦車道をたしなみたい場合、ラジコン戦車道というのがあるらしい。大洗で行われる大会に参戦しよう! あんこうチームと遭遇! 秋山殿と意気投合!からの、後半は両さん3Dプリンタでタイガー戦車を自作しての本物の戦車道。しかも両さんのことだから中川家の資金力を駆使した特殊な材質とか様々なギミックが施されていて……。


さすが直近で「こち亀」本編に登場していただけあり、導入にもまるで違和感がなく、成功が約束されたコラボという気がする。戦車として反則だ、リアリティがない、みたいな台詞が、リアリティと映像的面白さなら後者を必ず選ぶガルパンでポンポン出てくるのが可笑しい。搭乗員のボルボと本田がいまいち活きていなかったのと、文章が淡白で、ガルパンはやっぱり音響の迫力あってこそだなあと思わされてしまったのが欠点か。


VS.オーフェン「いったいどうしてこうなった」ほんとにね

お目当ての秋田禎信魔術士オーフェン・迷宮編 いったいどうしてこうなった」は無謀編とのコラボ。キエサルヒマのオーフェンと現代日本の両さんが入れ替わり転生? する。


両さんオーフェンの格好を90年代っぽいだの暴走族だのと評したり借金取りに追われる身として地人兄弟と意気投合したりトトカンタの住民にグロ魔術士は帰ってくるなリョーさんずっといてくださいと懇願されたり。ファンがくすりとさせられる小ネタが多いのはありがたいし格闘描写に定評のある秋田の筆で両さんが切り裂きポチョムキンと殴り合いしてるのは感慨深かったし、ラストまで上り詰めるといきなり視界が開けて見晴らしのいい景色を見せてくれる。そんな秋田の美点もいつも通り発揮されているのだけど、


正直、全然食い足りない……! 構成上入れ違いになったのでしょうがないんだけど、オーフェン両さんの絡みももっと欲しかった。なお一番のお気に入りは、原作ファンが口を揃えて「他のファンタジーとはひと味違う」というあの世界の創世神話、成り立ちを「いかにもファンタジーらしい説明」と両さんが一蹴した場面。まあそんなもんだよな。


朝井リョウの作家としての嗅覚「こちら命志院大学チアリーディングチーム出張部」

他は全部原作に触れたことがなかったけど、「チア男子!」の朝井リョウは、超神田寿司の食べログでの評価が急に下がった! 味が落ちたわけでもないのにこれは何かある! ということで、以前からある意味お約束のネタだったし偶然だろうとはいえ、このタイミングで食べログアレげなところをdisってくる辺りに、直木賞作家の引きの強さを垣間見た。時事ネタへの嗅覚の鋭さって実にこち亀的だという気がしませんか。



おそ松さん」の公式ノベライズを担当している石原宙による「6つの童貞VS.こち亀女子~魂の合コン~」は、元々キャラ文芸やラノベで活躍してるメンツを集めた中でもひときわ「最近のラノベ」という感じでややしんどかった。面倒見のいい両さんと欲深い両さんの二面性に切り込んだ目のつけどころは悪くなかっただけに。これは他作品にもゆえることだけど、漫画のキャラを小説で出すのに直で漫画っぽい(?)表現を、というのも時と場合による気がして。たとえば多少原作と台詞回しが違っても、村上龍辺りに両さんの商売の栄光と没落とか書いてもらうとかあっても面白かったんじゃないか。まあ今回はそういう企画ではないのだけど。というか自分は推理作家協会が監修したやつを読むべきなのか。



青春小説「ハルチカ」の初野晴が執筆した「二十四の瞳」では、何故かこち亀じゃなくて梅澤春人先生の名前が出てきたけど、「ハルチカ」って普段からこういうパロディを挿れてくる作風なのかしら。ミステリー小説「謎解きはディナーの中で」の東川篤哉による「謎解きは葛飾区亀有公園の前で」は、初期の両さんと中川が町中で銃を撃ちまくっていた頃の雰囲気を感じる短編。ベテランだけあって意外にこなれていた。


イラストは、草河テイストでありながら両さん以外の何者でもない両さんを描いてみせた草河遊也と、秋本先生の絵柄とはまったくかけ離れてるけれど両さんを完全に自分の世界に取り込んでみせた中村佑介が双璧だった。


f:id:megyumi:20160921232604j:plain

コラボ相手としての「こち亀


全作読んで思ったのは、こういうコラボで両さんの何がいいかって、どんな世界でも馴染んじゃうのは勿論なんだけど、何か大成功してもその後にズッコケ三人組よろしく失敗するのがお約束になってるって点ですね。コラボ先の連中に負けるのも可。リスペクトは必要だけど配慮はいらない。そういう点でこれだよこれ! と思うものもあれば、もっと全開で行っていいんやで、と思うものもあったな。



ところで。裏表紙のこのロゴ、ソーキュートですね


f:id:megyumi:20160922085639j:plain:w320

*1:ドラマCDの脚本とか書いてるらしい

ほしのこえ:新海誠がブレイクしたので、今一度三大セカイ系について語る 03

アニメ

sube4.hatenadiary.jp

sube4.hatenadiary.jp


で、「ほしのこえ」は2002年に公開。高橋や秋山と違い一部の短編アニメーションを除いて商業的実績がないに等しかった新海は、本作を音楽を除いてほぼ一人で作り上げたことで、新時代のアニメーションの旗手、といったような評価を受けた。

2046年、関東某県の中学に通う長峰美加子と寺尾昇は同級生。同じ部活で仲の良いふたりだが、中学3年の夏、ミカコは国連軍の選抜メンバーに選ばれたことをノボルに告げる。2047年、冬、ミカコは地球を後にし、ノボルは高校に進学する。 地上と宇宙に離れたミカコとノボルは携帯メールで連絡をとりあうが、リシテア号が木星エウロパ基地を経由して更に太陽系の深淵に向かうにつれて、メールの電波の往復にかかる時間は開いていく。ノボルはミカコからのメールだけを心待ちにしている自身に苛立ちつつも、日常生活を送っていく。やがてリシテア艦隊はワープを行い、ミカコとノボルの時間のズレは決定的なものへとなっていく……

背景美術の美しさ


現在公式に映像を視聴することができる中で最も古い作品である「彼女と彼女の猫」の頃から「君の名は。」まで、新海作品の魅力として挙げられるのは背景美術の美しさだ。たとえば「ガンバの冒険」や「ウテナ」などファンタジー色の強い小林七郎作品に比べれば、一応現実の風景を素材にしているのだけど、あれやこれやと撮影の過程で手を加える事によって、光の表現が特徴的な、きらきらした、どこかにありそうなのにどこにもない世界を作り出している。


ファンの中にはストーリーは二の次というか、背景美術と新海作品には欠かせない「天門」さんの音楽を中心にしたPVを盛り上げる付加要素くらいに考えている人も少なくない。実際、エロゲレーベルである「minori」のOPムービーを始め、5分未満の短編も多い。というか「ほしのこえ」にしてからがTVアニメのエピソード1本分程度の尺しかなくて、ちょっと長いPVくらいの印象を受けた。


www.youtube.com

続きを読む

イリヤの空、UFOの夏:新海誠がブレイクしたので、今一度三大セカイ系について語る 02

ラノベ

sube4.hatenadiary.jp

sube4.hatenadiary.jp



イリヤ*1は、2000年に電撃hp第7号で連載がスタートした。元々「EGコンバット」「猫の地球儀」などのSFラノベで高い評価を得ていた秋山は、本作で一躍売れっ子となった。

「6月24日は全世界的にUFOの日」*2新聞部部長・水前寺邦博の発言から浅羽直之の「UFOの夏」は始まった。当然のように夏休みはUFOが出るという裏山での張り込みに消費され、その最後の夜、浅羽はせめてもの想い出に学校のプールに忍び込んだ。驚いたことにプールには先客がいて、手首に金属の球体を埋め込んだその少女は「伊里野可奈」と名乗った…。おかしくて切なくて、どこか懐かしい…。ちょっと“変”な現代を舞台に、鬼才・秋山瑞人が描くボーイ・ミーツ・ガールストーリー、登場。

f:id:megyumi:20160916091646j:plain:h350


企画段階の仮タイトルは「UFO綾波」。ストーリーラインは笹本祐一の「妖精作戦」に影響を受けたとも言われている。ただ、ハイスペックなスーパー高校生だった「妖精作戦」の主人公と違い、「イリヤ」の登場人物は、主人公の浅羽を始めおおむね平凡な中学生となっている。「こみっくパーティー」の九品仏大志を彷彿とさせる行動型オタクである水前寺は大人顔負けの活躍で物語を引っ張るトリックスターだけれど、それでも終盤では物語から排除させられてしまう。「妖精作戦」はあと、登場人物の内面を直接描くのを徹底的に避けている、というのも違うところか。


文章で読ませるラノベ作家のベストワン


イリヤ」のヒットには何ら不可解なところがない。小説めっちゃうまい人が、「ひと夏のボーイミーツガール」というとっつきやすい題材に取り組んだから売れた。それだけだ。勿論世の中には同じように上手い人が多くの人に受け入れられる題材を選んだけど売れなかった、という例は幾つもあるので、結果論ではあるのだけれど。そう言わしめるに足るくらいの力は本作にはある。

*1:よく間違えられるけどイリアではなくイリヤ

*2:毎年この日になるとこの作品のファンが祝ってるけど、物語が始まるのは8月31日から

続きを読む