読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周回遅れの諸々

90年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです

関谷あさみの父娘漫画「千と万」 おっさんもJCも同じ人間よ

成年漫画において、細い線で描かれた女子中学生、ビビッドな心理描写と濃ゆいエロで人気を得てきた、関谷あさみ。中一の娘と中年サラリーマンの父子家庭を題材にした「千と万」全3巻は、彼女の本格的な一般誌デビュー作となった。帯に曰く、「普通の中学1年生の普通の日常生活がいちばんかわいい」。掲載誌は、「Girlish comics for Boys and Girls」を掲げていた「コミックハイ!」。同誌が休刊した後、「月刊アクション」で完結した。

自分はイケてる中年男性だと思っている父・千広とひとつ屋根の下で暮らす、中学1年生の娘・詩万。お父さんの言動にイライラしちゃうのは、詩万が思春期だから? それとも単にワガママだから? 関谷あさみが女子中学生をリアルに描いた、コミックハイ!の人気作品がついに単行本化!


詩万は、小ずるくて、家事は面倒で、内弁慶で、お父さんはうざくて、でも別に嫌いなわけじゃない、ごく普通の中学生。千広は、気持は若いけど、どうしようもなくおっさんで、すぐ調子に乗るし、娘のことは好きだけど、無神経なところもある、これまた普通の中年サラリーマン。二人のごく当たり前の日常は、当たり前に騒がしく過ぎていく。作者が同人誌で父子萌え漫画を描いてたこともあり、詩万はもちろん千広もなかなか可愛く描かれてる。虫が苦手だったりとか。


f:id:megyumi:20170416091340j:plain


男と女であること、年齢が離れていること。また片親であることから生まれる周囲の二親がいる家庭との違い……。個人の間でのギャップを、ことさらに主語をでかくして取り上げるようなことを、この漫画はあんまりしない。


好きな人(彼女持ち)と顔を合わせたくないという、実に思春期らしい恋愛感情は友達に「めんどくさい」と思われ、娘が「童貞」「処女」といった言葉をネタにしたテレビの漫才で爆笑してるのを「意味分かって笑ってんのかと思うと怖い……」と吐露しても、同僚は「怖いかそれ?」と相手にしてくれない。中学には生理が重くて大変な子もいれば、詩万のようにそれをサボりの口実にする子もいる。父子二人の生活は家事もしなきゃならないし大変だし、何かとうまいことを言おうとするお父さんのいかにもなオジサンっぽいノリは苦手だけど、他所の家のお母さんは娘とベタベタしすぎてて、それはそれで耐えられない。


f:id:megyumi:20170416090003j:plain


……なんだか、誰もが独善的で、同性だろうが血が繋がってようが人は所詮分かり合えない、地獄みたいな話のようにも思えるけど、そうじゃない。友達と100均で安いネイルカラーを選んだりするのは楽しいし、お父さんはうざいけどそれを本人の聞いてないところで他人に言うほどでもなく、誕生日や父の日にはプレゼントをあげたりする。


異なる世代だから、異性だから、家庭環境が違うから、という理由による相互不理解がないかとゆわれると、あるんだろうきっと。ただ、人間は大人とか子供とか以上に色んな「属性」を持ち合わせているもので、その中にあって一つ一つの差異は埋もれてしまう。陳腐な表現を用いるなら、、詩万は「子供」「中学生」「娘」といった名前ではないし、千広も「大人」「サラリーマン」「父親」で片付けられるキャラクターではない。この漫画のキャラクターは誰一人として、同世代だからとか同性だからといった理由では十全には分かり合えないけど、その上で友情や親子の情を育んでいる


「男には絶対に理解できない」最たるものとして挙げられる詩万の「生理」「初潮」ネタを連載第1話に持ってきたことで、以降はかえってそういう軛から逃れられてるように感じた*1。千広は娘の気持ちが分からないとぐぐって調べたりしている。yahoo知恵袋や教えてgoo!には同性の、ひょっとしたら尚且つ同世代の女性からの「そういう時はこういう気持ちなのでこう接してあげましょう」というアドバイスが載ってるかもしれない。でもそれは、根本的な解決にはつながらない。究極的には個人間の問題だから。そういう、当たり前のことがこの漫画には描かれていた。


色々ゆったもののやっぱり自己中心的なキャラが多い漫画だけど、千広の妹で詩万からは叔母に当たる「那由」ちゃんは別。妹としてお兄ちゃんの気持ちも分かるし、小さい頃から母親がいない詩万を、仕事で留守が多い千広に代わって世話してきたので、彼女の気持ちも手に取るように分かるのでので、二人の仲を取り持ってくれる。時々訪ねてきてくれる彼女の存在が、作品の清涼剤になってた。


f:id:megyumi:20170416092026j:plain
※千広への父の日のプレゼントを買うためのお小遣いを渡しているシーン


この兄弟は時折過去に何かあったような雰囲気を匂わせてたけど、全3巻で終わってしまったため、その辺りが掘り下げられることがなかったのが残念。というか千広の年齢考えれば那由も若くて20代後半、ひょっとして30代前半くらいなんだろうけど、全然そうは見えないなよあ。


*1:朝食の皿に顔突っ込んだ娘をスマホのカメラで撮ったのはドン引きしたけど……

広告を非表示にする