周回遅れの諸々

90年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです

【正統派kawaiiから】サンリオキャラクター大賞支援・推しフェアリルを紹介【色物まで】

サンリオキャラのナンバーワンを決める人気投票、「サンリオキャラクター大賞」の季節がやってきた。


sanriocharacterranking.com


ハローキティマイメロディを始め総勢100人が参加するイベントで、今年で32回目を迎える。サンリオの広報紙である「いちご新聞」やグッズショップ、webなどから誰でも気軽に投票できるのはうれしい。けど、不満点がひとつ。「キャラクター大賞」と言いつつ、実質的には作品ごとの投票になってるところだ。


多くのサンリオキャラは、キャラクター単体で存在してるわけじゃない。彼ら彼女らが暮らす世界っていうのがそれぞれに設定されてる。「マイメロディ」ならマリーランド、「ジュエルペット」ならジュエルランド、「Show by rock!!」ならMIDICITY。当然、そこには彼ら彼女ら以外にも色んな生き物が住んでる。「ジュエルペット」みたいな種族名?がタイトルになってる場合はもちろん、「ハローキティ」という名称も、あの猫? の固有の名前であると同時に、実質的に彼女が背負ってる作品世界のことも含んでる。


……それはいいのだけど、キャラ大では煩雑になるのを防ぐためか、「『ジュエルペット』というキャラクター」としてメイン格のルビーのみがクローズアップされたり、SB69はバンドが全部ひとまとめにされてたりするのは、やっぱりもったいないな、と思ってしまう。この辺りはキャラクターの多彩さが売りで、ルビーもシアンも主人公って言うとまた違うし。キャラ大も、回によっては同じ作品でもキャラごとの投票だったりするんだけどね。今回も、マイメロクロミが別のキャラ扱いだったり。「SB69」も去年一昨年はバンドごとだったし。他作品との兼ね合いもあるんだろうか。


f:id:megyumi:20170523160436j:plain


私が推してる「リルリルフェアリル」も、キャラ大ではひとまとめにされてるけど、アニメの1年目だけで100人以上のキャラが登場した。


fairilu.jp

あなたもきっと推しフェアリルが見つかるはず


スパイダーちゃん(cv.しもがまちあき)は、その名の通り某アメコミヒーローばりのウェブアクションが特徴的なバグズフェアリル。黒魔術を研究する邪気眼系キャラ。この手のキャラはぽんこつかわいいっていうのがお約束になりつつあるけど、スパイダーちゃんは声優の演技の方向がより小動物かわいい寄りかも。



 担当回:第32話「スパイダーの黒魔術!」


五城桜監督の一番のお気に入りは、自分と同名のさくらちゃん(cv.大和田仁美)。京ことばを話す雅な雰囲気のフラワーフェアリルだけど、一年の間に、不登校→主人公のりっぷが大好き!*1→男性アイドルの追っかけ→ホッパー先生に恋するジャスミンちゃん(cv.渡谷美帆)の良き相談相手と、脇役なのにえらいキャラの変わりよう。中でも、活動当初から応援してきた推しドルのスター(cv.増田俊樹。語尾に「キラッ☆」をつける)が人気になって距離が離れファンとしての居場所も新規ファンに取られてく様子を描いた回は、とても濃かった。さすが「キンプリ」の菱田正和監督とは別人ということに一応なってる五城桜ちゃん。



 担当回:第8話「咲け咲け、さくら!」 第25話「スター☆星空ステージ」


フィクションでもしきりにLGBT方面へのポリティカル・コレクトネスが求められるようになった昨今。金髪巨乳で露出度がめっちゃ高い、でも性別不詳なレジェンドフェアリルのレオン先生(cv.阿部敦)はそんな要請に応えるキャラだ。クラスで「ちょっと変わってる」扱いの男子がモテたいという一心で不器用な頑張りを発揮したとき、一人だけ「私はいいと思うんだけどなー」ってつぶやいてたり。2期で登場した愛が重い系のシィプ先生(cv.楠田亜衣奈)とはケンカップル……になったらイイナ♪



 担当回:第11話「レオン先生の変身学」 第12話「美しすぎるボクたちさ~」


女の子フェアリルを片っ端から「お姉さま」呼ばわりするバグズフェアリルのしじみちゃん(cv.黒沢ともよ)は、このアニメでも一、二を争うぶっ飛んだキャラ。「しじみ」は貝ではなくて蝶の方。なんでも、『むしコラ』 アリと共に生きるチョウ">シジミチョウは幼虫の間、蜜を出す代わりに働きアリ(♀)に守ってもらう習性を持ってるとか。彼女に言い寄られた時のローズちゃん(cv.楠田亜衣奈)は、お姉様というよりはおかん気質を発揮してた。



 担当回:第27話「清く正しく美しくですわっ!」


ジョンメケ様(cv.増田俊樹)は、イケメンジョフェアリルたちの(邪)神である。イケメンジョとは、他のフェアリルたちとは自分たちをイケメンorジョだと言い張る、他のフェアリルたちとは少し違う、大型の花をモチーフにしたフェアリル。根はいい奴らなのだが、他のフェアリルに好かれたいという彼らの願いを封印されていたジョンメケ様が利用し、リトルフェアリル全土を征服しようとしたが、危ういところで阻止された。サンリオアニメ特有の巨大化バトル回の担当。



 担当回:第28話「夏だ!ビュ~チフォ~!イケメンジョランド!」


他にも、先述したジャスミンちゃんや、ウェザーフェアリルのオーロラちゃん(cv.黒沢ともよ)なんかは、キャラデザだけでも天下を取れそうな逸材だと思ってる。



 担当回:第44話「オーロラ、夢のカーテン」「燃えろホッパー!プロポーズ大作戦!?」 

推しカプもきっと見つかる


基本的に恋愛要素が強めの作品なのに加えてこのキャラクターの多さなので、カップリングも多彩。


ひまわりちゃん(cv.内田彩)とダンテくん(cv.豊口めぐみ)は、アニメの作中で一番最初にくっついたカップル。お互い体を動かすことが好きで、一緒に遊んでる内に恋心が芽生えていった。事あるごとに「ダンテ♪」「ひまわり♪」って呼び合い見つめ合うイチャコラっぷり。ひまわりちゃんにダンテくんを取られたような気がした親友のアキアカネくん(cv.内田彩)が「ダンテは俺より女の子のほうがいいのかよ!」と口走ったのは、おま……ほんとお前……! ってなった。


f:id:megyumi:20170523183922j:plain:w400
f:id:megyumi:20170523184026j:plain:w400
 担当回:第12話「このドキドキって何!? 」


フェアリルマージ(cv.豊口めぐみ)とフェアリルゴール(cv.白井悠介)は、幼なじみにしてみんなを見守るお父さんお母さん的なポジション。世界に遍く慈愛を降り注ぐ聖属性のゴールは時々ちょっと腹黒……意地悪で、子供の頃のことを持ち出してはマージをいじってる。子供をダシにイチャイチャイチャイチャ。「赤ずきんチャチャ」のセラヴィー先生とどろしーちゃんっぽいところも。あの二人は、こんな「とうの昔に一線超えました」みたいな雰囲気は出してなかったと思うけど。ゴールは子供の頃ヒューマル(人間)相手に実らぬ恋を経験していて、マージがそのことに複雑な感情を抱いてるっていうのがおいしい。


f:id:megyumi:20170523184318j:plain:w400
 担当回:第21話「課外授業!行先はビッグヒューマル!?」


ひがん(cv.白井悠介)は陰気な笑いが似合う、スパイダーちゃん同様闇に惹かれるフェアリル。優等生でみんなの人気者であるオリーブ(cv.阿部敦)のことは別の世界のフェアリルだと思ってたけど、森で一晩一緒に過ごしたことで互いにわかり合う。光が闇を救うとかじゃなくて相手を尊重し合える関係。


f:id:megyumi:20170523184645j:plain:w400
 担当回:第35話「オリーブ&ひがん 二人きりの冒険」

キャラ大は6月11日まで毎日1票投票可能!

上に挙げた以外にも、魅力的なフェアリルはたくさんいる。フェアリル研究家の人は推しについて語って欲しい。まだ作品に触れてない人は是非触れて、気に入ったら投票してほしい。


sanriocharacterranking.com

*1:チューリップマークのマグカップでお茶してた

広告を非表示にする