周回遅れの諸々

90年代育ちのオタクです

「推し武道」ChamJamその他の百合事情

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」はアイドル漫画で、かつ百合漫画だ。この二つの要素が食い合うでもなく、むしろうまいこと絡み合っていい感じになっている。

武道館に行ってほしいファンと繋がりたいアイドル 舞菜とえりぴよ

f:id:megyumi:20200404204851p:plain


ちゃむのサーモンピンク担当:舞菜とえりぴよはアイドルとその熱心なファンという関係だ。


塩対応にもくじけない、えりぴよから舞菜への愛が一方的に重いように見えて、舞菜側もえりが風邪を引いた時に「えりぴよさんの病原菌ならもらってもいいんだけど……」と考えるなど、なかなかぶっ飛んだ想いを抱いている。


えりぴよがあくまでファンとして舞菜と向き合おうとしているのに対して、舞菜はえりぴよとアイドルとファン以上の関係になりたいとひそかに考えてる。ただでさえ舞菜はえりの前ではうまく話せないところにこれなので、二人の感情はすれ違うばかり。そこにエモさと笑いが生まれる。


原作第一話では舞菜は「可愛い女の子に囲まれてハーレム気分満喫したいからアイドルやってる」という設定だったけど、その後全く出てこないしアニメでも削られたところを見るとなかったことになったようだ。

ガチ恋勢を釣る自分もまたガチ恋勢でした 空音とれお

f:id:megyumi:20200404205119p:plain


空音はガチ恋勢を釣るタイプだと言われている。ガチ恋勢とは何か。一人のアイドルと数多いるファンではなく、一対一の関係を求めるオタクのことだ、とまとめてしまっていいだろう。しかしそんな空音もまた「相手にとって自分でなくてはいけない」関係を求めてる。その相手こそが同僚のれお。路上ライブで見かけた彼女の姿が空音をアイドルの世界にいざなった。


応募した事務所にたまたまれおも所属していたのは単なる偶然だろう。でもその偶然に何かを感じてしまったのかもしれない。空音はいつもれおのことを見ている。同僚として、二人はアイドルと一人のファン*1以上の関係にはなった。


しかしれおはいつだって平等だ。オタクにはもちろんのこと、同僚に対してもそれは変わりなかった。彼女はいつだってみんなのアイドル:五十嵐れおでいる。でいて神対応で、いつもは釣る側の空音が釣られてしまう。そんな彼女を理想のアイドルと評し「でもそんなれおのことが好きなんだなあ」と言いながら、時折じめっとした感情が顔を覗かせるのだった。

お互いがお互いのファン 眞妃とゆめ莉

f:id:megyumi:20200404205609p:plain


唯一肉体関係までほのめかしているのがこのCP。隙あらば二人だけの雰囲気を作っていて、他のメンバーが気づかないのが不思議なくらいだ。舞菜のハーレム妄想に彼女らが入ってなかったのは、実は舞菜は二人の関係に感づいてたのか、この時既にニコイチの構想があったのか……。


ゆめ莉のオタクは愛が重そうな人が多い。ダンスの技術はピカイチなのに控えめな性格でいまいち推されていない不遇さがそうさせるのだろう。眞妃もその一人だ。この子のことをもっと多くの人が知ってほしい。前列に来てほしい。その思いがゆめ莉のCD(投票券)をこっそり大量買いさせる。そのために人気投票で自分の順位が下がるのも厭わない。しかし当のゆめ莉は後列から前列の眞妃のことをずっと見ていたくて……


眞妃は元々スカウトされてこの世界に入った人間で、アイドルに興味なんてなかったし、オタクにも強い感情を抱いてない。そんな彼女がゆめ莉に関してだけはオタクと同じ気持ちを抱いているのが面白い。そのゆめ莉のオタクは人気投票で眞妃にお株を奪われた感がなくもなかったけど、アニメでは彼女のおかげで推しががんばりを再認識してたのが救いか。


なおこのCPは外見的には悪いお姉さんがいたいけな女の子をたぶらかしてるように見えるけど、二人は19と18なので年齢差で言えばえりぴよと舞菜(20と17)、れおと空音(22と18)のほうがあやうい。

百合営業がガチ百合に 佳那とりょーちゃん

f:id:megyumi:20200404210052p:plain



女性声優やアイドルが人前でいちゃつく(ようにオタクからは見える)営みを百合営業と呼ぶ。そうすることで百合好きのオタクが喜ぶため。男の影を隠すため。純真なオタクは、彼女たちが楽屋裏でどんな態度を取ってるかも知らず簡単に騙される――。そうした冷笑的なニュアンスが多分に含まれた言葉だ。アイドル同士である以前に女同士の気安さに、男オタクはそれを指をくわえて見てるしかない。でも、ファンも女性だったらどうだろう。


香川の「ステライツ」*2は女性ファンが支えている。メンバーの一人佳奈は人気の同僚:りょーちゃんと組んで百合営業を仕掛けている。これは全く打算的なものだったけど、りょーちゃんは元々佳奈に強い感情を持ってたので好きでそれを受け入れ、佳奈も段々とほだされていく。


佳奈はファンが喜ぶだろうと思ってそうした。男性でも女性でも好きな人が仲のいいところを見せるのはなんだかんだいって嬉しいものだ。そうしたファン感情に応える気持ちと佳奈の行う「百合営業」に明確な一線を引くことはできない。そういう意味では「百合営業」という名前が最近になってついただけで、タレントとしては昔から当たり前の振る舞いなんだろう。


……しかしファン全員がそれを快く思うとは限らない。りょーちゃん単推しのファンからは佳奈はぼちぼち嫌われている。佳奈が見せつけるような態度を取るからなおさらだ。彼女は「そういう人ははじめからわたしのことを好きになってくれる気がないでしょ」という。


ステライツの百合エピソードは専ら「尊い」ものとして語られる。佳奈と佳奈のことを嫌いなりょーちん単推しのやり合いも一旦はギャグとして処理された。が、あの中では苦い顔をするだけだった別の女オタの一人は、後にガチ恋勢としての辛さを語るりょーちん担として再登場する。百合営業する側とそれを快く思わない単推しの間の溝は全く縮まらない。時折垣間見せるこうした諦観が「推し武道」の面白いところだ。

推す側と推される側ではない関係 あーやとえりぴよ

f:id:megyumi:20200404211152p:plain


推しが尊い。だからこそ特典会前はああでもないこうでもないと会話を練り、実際対面してみるとテンパって空回って、終了後は自分の挙動不審をどう感じられたか思い悩んで転げ回る。逆に推してないアイドルなら緊張しないしその気安さに甘えて優しくされたい時もある。でも推しではないので基本的に興味はない。えりぴよにとってのあーやはそういう存在として描かれる。


あーやから見たえりぴよは、後列組として鎬を削る舞菜のTOとして存在する。彼女は常々、隙あらば同僚のオタクを取ってしまうと公言していた。えりぴよとはバイト先のメイドカフェでの邂逅から始まって何かと縁があり、かなり気安い仲ではある。舞菜の「アイドルとファンではなく、えりぴよさんの友達になりたい」というひそかな願いを彼女を半ば実現してしまっている。アニメではえりくまはメイドカフェの常連ってことになってて、推し変待ったなし。これらの匂わせから某所では舞菜は嫉妬のあまりあやちゃんにきびだんごマウントを取るキャラとして定着してしまった。


でもあーやのほうはというと、6巻では女オタがたくさん(二名)ついてる舞菜のことを羨ましがってたり。キャンプの時は「えりぴよさん! わたしのチームなんだからわたしのことも見ろ―!」と叫んでた。空音に「私には重いオタクがついていない」と嘆いたこともあったが、えりぴよの「重さ」は誰もが知るところで、彼女があーやに推し変したらちゃむの勢力図が大きく変わることは間違いない。


……でも、そうはならなかった。実際そうなってみてもあーやは戸惑うだけじゃなかろうか。彼女はちゃむの中でも随一のアイドルオタであり「推す」ことの尊さを知っているからだ。えりぴよとあーやがどうこうなることは絶対にない。スリーショットチェキの時も3人で写ることにって「は? なんでわたし? こわっ!」と不審がっていた。でも、だからこそ二人をセックスしないと出られない部屋に閉じ込めたいと読者は思ってしまうのだ。あやぴよ、最推しです。

あーや総受け説 あーやと、れおと空音と優佳

f:id:megyumi:20200404213542p:plain


もう少しあーやについて考える。彼女は自身センターを強く渇望しながらがんばるれおのことが大好きで、彼女こそを約束されたセンターとして認め、(自分がセンターになれるとしたらそれはれおがアイドルをやめる時だ)と諦めながら、彼女が弱い姿を見せると「やめないでね、れお」と懇願する。


アイドルに強い憧れを持ってた自分と違い成り行きで入ってきた空音が人気が出たことに不満を持ちながらも神対応なのは認めざるをえなくて、自分も釣られかけてしまう。


コミックスの自己紹介ではおバカコンビの片割れとして優佳を「仲のいい相手」に挙げてたのに、優佳のほうからは矢印が伸びてない。


あーやは野心家であり、同じグループの仲間であっても強い競争意識を持っている。それは裏返せばメンバー全員に巨大感情を向けていることの表れだ。そこに百合的なオイシさがある。そんなあーやのことが好きなんだなあ。

武道館が決まったセンターと不人気メン メイちゃんとれお

f:id:megyumi:20200404214337p:plain


この漫画で一番の美人といったら? はい、もちろんめいぷる♥どーるのメイちゃんです! そう答えてしまってもいいのではなかろうか。平尾アウリ作品は美男美女が所狭しとひしめいてる。こういう漫画で他を圧倒する美人を描くのは難しそうだけど、メイちゃんは武道館アイドルに相応しいオーラをまとっている。アニメでは今まさにフェスに出撃しようとしてるちゃむの前に階段から降りてくる演出でラスボス感が盛られていた。


そんな強キャラが一体なんでああもれおを敵視するのか。メイちゃんはれおが以前所属していたグループのセンターとして登場した。原作では、フェスの前に自分のライブに偵察に来たくまささんを見つけ、それをれおにLINEで伝えている。本編の数年前、くまささんは生涯の推しに出会ったライブはオタク仲間のマサムネさんの付添だった。彼はメイちゃん推しで、だから彼と同じ色のキンブレを振っていたという。それをれおはずっと忘れてないようだが、メイちゃんのほうも推し変されたようで気に食わなかったのだろうか。れおの回想を見てるとどうもそれだけではなさそうだ。


武道館公演も決定し大人気アイドルになった今、言ってみればうだつの上がらない地下アイドルのれおになぜ執着するのか。二人がいた前グループが解散した理由は何なのか。それが明かされる時、メイれおの道が啓かれる……と思うのだけど、きっとそれは終盤も終盤になるのだろう。


*1:というほどには空音はライブに通ってなかったようだけど

*2:眞妃の従姉妹が所属している

「魔術士オーフェンはぐれ旅」第四部 世界は何度でも上書きされる 

※以下の文章は当サークルの同人誌『秋田禎信1992-2018』に書いたものです。

プルートー教師の凄いのは、アタシも知ってるんです。《塔》の教師はみーんな先生のことハブにしてるくせに、本音じゃあ怖がってるんですよ。うちの両親なんかもそう」
「あの世代の魔術士にとって、彼は悪夢のようなものなのさ。仕方ないよ」
「ンー、じゃあ校長先生にとっても?」
「もちろん。でも悪夢ってのがどんなものかというと……そうだな。チャイルドマン・パウダーフィールド教師という人物を知ってるか?」
「? 誰ですかー、それ」
「そう。こんなもんだ」


TOブックスから刊行されている、「オーフェン」のいわゆる「新シリーズ」は全部で一〇冊。

  • キエサルヒマの終端』は旧シリーズ第二部のエピローグ
  • 約束の地で』はそれから約二十年後、舞台を「原大陸」に移した第四部の序章
  • 以下『原大陸開戦』『解放者の戦場』『魔術学校攻防』『鋏の託宣』『女神未来 上下』が第四部本編で、その後の『魔王編』『手下編』は本編を補う短編集


となっている。「第三部」は空白の二十年間を描くものだが、構想のみが存在し、形になっていない。……


オーフェン」は最初からシリーズ化を意図して書き始められた物語ではない。『我が呼び声に応えよ獣』第一稿を担当編集者に渡した時、初めて「【次】があるかもしれないから準備しといてね」と言われたという。それを知っていて読むと、「獣」のエピローグは続編への伏線として、後から付け足されたようにも思える。第二部が始まったばかりの頃のインタビューでは、「続けられる限り続けたい」と今の秋田からは絶対に出ない*1発言が飛び出している。少なくとも「終わる」ことだけは最初から決まっていた他の作品とはそこが違う。


オーフェン」世界はボルヘスの「幻獣辞典」や北欧神話などからモチーフを拝借しつつ、独自の設定でもって構築されている。



神々の行使する万能たる魔法と、彼らからドラゴン種族が盗み自分たちでも使えるようにした、不完全な魔術。ドラゴン種族が魔術を使うのではなく、魔術を操る者こそがドラゴン種族なのだという定義の反転。ドラゴン種族との混血によってもたらされた人間の魔術は、声が届く範囲のみに効力を発揮する。音声を媒介としているが、発する言葉に意味はなく、呪文はなんでもいい……。ドラゴンとか魔法とかいったもののパブリックイメージを少しだけ裏切る設定群は、多くの読者を魅了した。


だが、それらのほとんどは、『獣』の時点では存在しなかった。第二巻の『機械』で初めて、我々が知る、キエサルヒマ大陸の教科書に載っているような歴史や神話は整備され……そして、その巻でいきなりドラゴン種族と人間の確執、歴史的経緯については覆される。「誰もが誰かを裏切っている」。このシリーズを言い表す言葉だ。事実はいつも積み重なった嘘の下に埋まっている。この世界の歴史や世界の成り立ちについて、私たちの認識は何度も更新を余儀なくされる。


第一部完結編では、この作品における神々は、元々は全知全能にして零知零能、世界の運行を司る物理法則そのものだったのが、ドラゴン種族によって擬人化させられたただのバケモノであることが明かされる。神々は自分たちを【現出】させたドラゴン種族を許さず、今もこの大陸に襲来しようとしている。第二部終盤では、彼らを防ぐため大陸に張られた【キエサルヒマ結界】を巡る、大昔からの暗闘に決着が着く。

*1:と思っていたら今回のアニメ化で「終わらせようとしても終わらせられない」といった趣旨の発言が

続きを読む

「魔術士オーフェンはぐれ旅」第一、二部 オーフェンという主人公のあり方

※以下の文章は当サークルの同人誌『秋田禎信1992-2018』に掲載したものです。


世の中の主人公は二種類に大別される。作品の顔として人気の高い主人公と、そうでない主人公だ。オーフェンは間違いなく前者に当たる。シリーズ開始からずっと、人気投票一位の座が揺らぐことはなかった。では、みんなオーフェンさんのどこに魅力を感じてたのか。


f:id:megyumi:20200324205558p:plain


この長い長い物語は、行方不明の姉を追って放浪の旅に出るところから始まる。それから五年。《牙の塔》の最エリート魔術士だったオーフェンは、すっかり荒んで街のチンピラと化していた。高利貸しで生計を立てる*1日々を送っていたある日、探し求めていた姉と偶然の再会を果たす。しかしそれは新たな旅の始まりに過ぎなかった。弟子のマジク、わがままお嬢様のクリーオウとともに大陸を彷徨う内、三人はあの世界の真実に触れることになる。

*1:生計を立てることが出来ているとは言ってない

続きを読む

SF西部劇「ベティ・ザ・キッド」 あるいはロングストライドという最高の小悪党について

※以下の文章は私の同人誌「秋田禎信1992-2018」に掲載したものです。

砂漠には謎がある。
帽子の陰から砂丘を眺め、つぶやく。この砂漠には謎がある。ガンマンをただ殺すだけではなく、誘い出し、惑わす謎が。


容赦なく照りつける太陽の下、巨大な鉄の塊=メルカバと呼ばれる戦車にが荒野を進む。搭乗しているのは幽霊男のウィリアム、先住民族シヤマニの血を引くフラニーと、彼女に懐く砂ペンギン。そして男装したガンマンのベティ。彼らが追うのはベティの父を殺した悪党・ロングストライド。一年前までただのお転婆娘に過ぎなかったベティは、今も射撃は下手なまま。復讐のため何度も賞金首と決闘を繰り返し、度胸と機転と偶然だけで切り抜け、名を上げてきた。はたして三人と一羽の旅路の行方は――。


もしあなたが全く秋田禎信の小説に触れたことがないなら、あるいは「オーフェン」旧シリーズが完結してしばらく離れていたなら、真っ先に勧めたい作品だ。上下巻という短い分量ながら、それを忘れさせる濃密さがある。

続きを読む

「推し武道」オタク見本市

f:id:megyumi:20200224200457p:plain


「推しが武道館いってくれたら死ぬ」はオタクの見本市だ。
アイドルでなくドルオタが主役のこの漫画は「とりあえず細いのと太いの」にとどまらず、本当に色んなオタクが登場する。
この記事では彼らの生き様を紹介したい。

  • ギリギリアウトな厄介女オタのえりぴよさん
  • ドルオタの鑑のくまささん
  • 悩めるガチ恋勢(同担拒否)の基さん
  • オタク文化圏と無縁の玲奈ちゃん
  • 優佳に振り回されてるのが幸せそうなふみくんさん
  • ニコイチのあーやオタ(小菅と藤川)
  • いつの間にか他界した眞妃オタ(松尾)
  • 涙もろいゆめ莉オタ(永井さん)
  • 繋がり厨のイケメン
  • 最古参だけど他界したヨシムネさん
  • ステライツの女オタ
  • 二次元キャラに恋する美結
  • 「推し武道」にいないオタク

ギリギリアウトな厄介女オタのえりぴよさん

f:id:megyumi:20200224012152p:plain


主人公えりぴよは「ChamJam」の不人気メン:市井舞菜に熱烈な愛を捧げている。どれくらいの愛かというと、舞菜に貢ぐため一切の服を売り払っていつもジャージで過ごしているほどだ。


特典会での彼女の言動は時として度を超えている。きびだんご*1を舞菜に握らせて「一生に一度でいいから舞菜ちゃんの体温で温まったきびだんごが食べたくて…」などと供述。オタク仲間のくまささんには「女オタだから許されてるところあるだけ」と言われる有様。


ただし彼女は推しに対しても自分に対しても、全く盲目なわけではない。舞菜のダンスセンス皆無なことなど、欠点は人に言われずとも分かっている。あれだけ追いかけてればそりゃ自然とそうなる。それでもそんな舞菜を愛してると言う。自分に対する塩対応に凹むこともある。握手会でも彼女なりに色々面白いことを言おうとして空回って失敗して「さすがにキモかったか……?」とちょっと反省しかけたりする。でも試行錯誤*2自体はやめない。オタクとしてタフなのではなく回復力が高いだけ。だから彼女は舞菜のトップオタなのだろう。


2年前に出会った時舞菜は15歳でえりぴよは多分高校卒業したての18歳。デビュー間もないライブで初めて会った綺麗なお姉さんに好きだってゆわれたらそりゃ舞菜も重くなるよね。えりぴよに対してはだから、舞菜目線で読者から「私もこれくらい一心に愛されたい」というある種夢小説的な感情を向けられている気もする。

*1:舞台が岡山なので

*2:えりぴよの言動を舞菜はこう表現する

続きを読む