周回遅れの諸々

90年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです

「かぐや様は告らせたい」石上会計と、愛され非モテキャラブーム

例えば、映画公開間近、森見登美彦夜は短し歩けよ乙女」の先輩。
例えば、赤塚不二雄の漫画を原作とする「おそ松さん」の六つ子。
例えば、竹宮ゆゆこ「ゴールデンタイム」の二次元くん。
例えば、マドカマチコ「WxY」の横田先生もしくはKY☆ポコニャン先生。
例えば、ドラマでは星野源が演じた、「逃げるは恥だが役に立つ」の津崎平匡。


当人の内心としてはいたって切実な問題なんだけど、非モテを叫ぶその姿が大仰すぎるがゆえにコミカルに映ったり、あるいは自覚して道化を演じてる部分もあったりして―――オタクが大学デビューするにあたりいっそぺらいオタクとしてキャラを作るとコアな部分を隠してオタク以外の人とも案外付き合えるとか、そのくせウェーイなリア充を無意味に見下してたらしっぺ返しを喰らうとか、二次元くんの描写はいちいちクリティカル過ぎる―――そういうところがキャーカワイイーって読者に黄色い悲鳴を浴びるキャラクターたち*1。最近良く見るような気がする彼らを、愛され非モテキャラ、とわたしは勝手に呼んでる。


 ※つばさ文庫版『夜は短し歩けよ乙女』の表紙はなかなかkawaiiけど、乙女が大学生には見えない……

*1:なお黄色い悲鳴をあげるのは女性に限りません

続きを読む

「リルリルフェアリル」1年目声優別キャラクター一覧完全版/兼役の多さがもたらすもの

サンリオ・セガトイズ原作のキッズアニメリルリルフェアリル」はとても兼役が多い。誰がどのキャラを演じているのか一度整理してみようと、以前、こういうものを作った。


sube4.hatenadiary.jp


あれから約3クール分が放映され、1年度目「リルリルフェアリル~妖精のドア~」は完結した。その間に新規のキャラクター、声優も増えた。上の記事を更新してもよかったけど、今回は一覧性を重視してexcelで表を作ってみた。htmlに変換したものも最後に一応置いておくけど、画像にしたやつのほうが見やすいと思う。


f:id:megyumi:20170331112801p:plain:w500


基本的に同じ種族の中では被らないようにしてるのかな、と思う。レジェンドフェアリルがやたら多くてレジェンド感薄いのは、既存の分類に当てはまらないものはなんでもレジェンドフェアリルに入れてるからか。制作サイドも視聴者も。


本作の公式twitterアカウントは何かと声優推しだけど、本編の中では

  • 第36話「ヒューマルとフェアリルは恋ができないの?」で、りっぷ(cv.花守ゆみり)がフェアリルチェンジしたヒューマルの姿の時にとっさに出た偽名が「花咲ゆみり」
  • 第40話「愛のヒーロー!イケメンジョファイブ!」で夫婦役を演じた代永翼西墻由香はリアル夫婦
  • 産休から復帰した豊口めぐみの復帰第一回は「赤ちゃん」「子育て」をテーマにした第49話「大ピンチ!みんな赤ちゃんになっちゃった!」

など。


特にヒューマルを「演じている」りっぷの偽名が、中の人の声優としての名前のもじりというのは、色々おもしろいなと。


それと、以下は本作のキャスティングについて、兼役の多さに着目して書いた文章。2016年の夏コミで頒布された谷部さんの「声ヲタグランプリ vol.17」に寄稿したもの。そもそも上の兼役まとめは、この文章を書くために作成した。いつも以上にポエムめいていたこっぱずかしいけど、いい機会なのでここに掲載しておく。一部修正済。

続きを読む

『攻殻機動隊小説アンソロジー』 「原作」はどこから来てどこへ行く?

ハリウッド版の実写映画が公開! っつーことで、色んな関連本が出版されている「攻殻機動隊」。本作はその小説アンソロジーである。SF、純文学、ラノベ漫画原作者と色んな方面から集められた五人の作家がそれぞれの「攻殻」世界を描く。

円城塔「Shadow.net」


公安が試験中の、ドローンを用いた大規模監視システム。プライバシーの観点からマスキングをかけられた情報を、どうやって扱うのか。機械的な処理が法的に規制されている一方で、人間(サイボーグ含む)の「見る権利」は保障されている。事故で他人の顔の区別がつかなくなった「わたし」は、傷ついた脳を貸すことでドローンの目、システムの一環となる。

あるいはそれは、一度しか通信が望めないような者がすがる通信プロトコルだった。最後のマッチで上げる狼煙のように。一本しかない発煙筒の使い方のような。電源が切れる直前の無線に向けて語りかけるような種類の。


最先端技術にまつわる法的なアレコレから生まれる何か。時系列的には「人形使い」事件の後の話である。ある、はずだ。と、そんなところから疑っていかなくちゃいけない。30P足らずの短編の中で展開される圧倒的な情報量、行き着いた先の、そしてまだ見果てぬ景色。ロマンチシズム。つまりこれがハードSFってやつか*1。著者は芥川賞も受賞した、純文学とSFの人。


*1:正直理解が及んないのでポエムで誤魔化したやつ。まだ? あるいはこれからも?

続きを読む

ラノベ作家としての佐藤大輔=豪屋大介 エロスとバイオレンスとビッグマウスと

小説家の佐藤大輔が、虚血性心疾患のために亡くなった。享年52歳。多くの未完作を抱えての逝去だった。


mainichi.jp


氏については「征途」「レッドサンブラッククロス」「皇国の守護者」などの(仮想)戦記を執筆した作家、というのが多くの人の認識だろう。苛烈な展開、そこからの逆転劇などを得手として、多くのファンを獲得したが、シリーズ物を始めては途中で投げ出すという欠点もあった。



近年では、アニメ化もされたゾンビ漫画「ハイスクール・オブ・ザ・デッド」の原作者としても知られている。



しかし、ラノベ読者である私にとっては、まずラノベ作家・豪屋大介こそが佐藤大輔だった。


豪屋=佐藤説は、公式には一度も認められたことがない。最初は文体や作風などの類似の指摘から始まり、佐藤→砂糖、豪屋→ゴーヤというPNの法則性とか、豪屋が赤の他人として佐藤に影響を受けたことを度々語ったりとか、佐藤の奥さんが同一人物だと認めたらしいとか、まあ色々と議論があったんだけど。豪屋の代表作「A君」のコミカライズを担当した漫画家が同一人物だと認めたので確定、ということでいいんだろうか。



また、豪屋は2005年の『このライトノベル作家がすごい!』で顔出しのインタビューに応じているが、この写真は当時ライターだった橘ぱんが影武者として撮影されたものだったらしい。これがきっかけで橘はラノベ作家の道を歩むことになるのだけど、参考にということで渡されたのが「A君」と「デビル17」だったとか。結果出来上がった「だから僕は、Hができない。」もわりと過激なエロコメだった。



インタビューの結びでは、豪屋は「『俺が豪屋だ、文句あるか!』とでも言えばイメージ通りのサービスになりますか?(笑)」と豪屋=佐藤説を茶化す発言もしている。そういうことをする人だったんで、上の関係者の発言も、生前の氏と一計案じて「面白いから死後も同一人物だったってことにしとこうぜ」とかだったり? とちょっと疑ってしまった。


f:id:megyumi:20170327114955j:plain

続きを読む

徳間書店がオタク文化にもたらしたもの

とか、誰か書いてくれないかなあと常々思ってる。


www3.nhk.or.jpwww.ccc.co.jp


読売出身のカリスマ経営者・徳間康快が一代で急成長させ、かつては田中芳樹銀河英雄伝説を擁してノベルス*1市場に確固たる地位を築き、宮崎駿=国民的アニメ作家が確立するまで「アニメージュ」でバックアップし続けた徳間書店。メディアミックスの先駆者ともゆわれている同社が、オタク業界に与えた影響は大きい。大きい、はずだ。しかし、80年代前半生まれの私が中高生の頃には、この界隈における徳間の地位ってのは、既に角川に喰われかけてた印象がある。

*1:新書と同じサイズの小説レーベル。大体二段組

続きを読む