読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周回遅れの諸々

90年代にオタクとしての青春を過ごした人のブログです

「寝取られてもいい。幸せになってほしい」理想のNTRを探して

HENTAI

もうすぐ春ですね。春は出会いと別れの季節ですね。ということは寝取られ(NTR)の季節でもありますよね。


NTRは好きだ。好きだと思う。断言できないのは、寝取られる対象が必ずしも彼女や奥さんでなくてもいいし、彼氏が登場しない話でもひげなむち作品とか好きだしそれは果たしてNTRといえるのか、というお定まりの議論があるからなんだけど。


NTRアンケート結果発表~! ドンドンパフパフ━━━━(T∀T)━━━━!! | CROWD&ANIM Blog


なんにしろ、映画「月光の囁き」でなんか言葉にできないムズムズを感じて、OVA秘湯めぐり」で「あ、こういうの好きかも」って確信して。それから10年以上、そういう人としてオタ活してきた。



以前はこのジャンルって例えばエロ漫画では浮気妻、それも熟女が好きな人が描いてる事が多かった印象なんだけど、ジャンルが認知されることにより裾野が広がって、好みのものが供給されるようになったのはありがたい。中でも、大学生物が人気あるような気がする。高校卒業と同時に人間関係含めた環境がリセットされるのと今日も一日セックス三昧するだけの時間的余裕があるのが舞台として好かれる原因かしら。そこは、このジャンルの特異性かなと思う。

  • NTRは童貞に優しいジャンル
  • なぜ快楽堕ちなのか。快楽上がりではいけないのか
  • この果てしないNTR
続きを読む

思春期の頃、自分が読んでるor読むべきはこういうものだと規定されるのが嫌だった

ラノベ

あの頃、別に早く大人になりたかったわけじゃない。ただ、子供扱いされるのは間違いなく嫌だった。


児童文学は親が子供に買い与えるもの、ライトノベルは子供が自発的に買うものだ、とよくゆわれる。だからだろうか、児童文学として売られるものには「この本は小学校高学年向けです」「この本は中学生向けです」とラベルが貼られているものが多い。また狭義の児童文学でなくとも、大人が、版元が子供にすすめたいと思う場合、「年少者にすすめたい」という意識が宣伝文句の言い回しや語彙に如実に表れていたような気がする。自意識過剰だった*1当時の自分には、それが気恥ずかしかった。「朝日中高生新聞」とかこんなダサい名前の新聞、読んでる同世代っているのか? 「週刊こどもニュース」? は? なにそのあざとい平仮名の「こども」表記。とか思っていた。私が児童文学の名作と呼ばれる類の作品を読んでないのは、そんな売り方のせいだ! までいくと完全にお門違いの批判ですねハイ。



いわゆる「YA」を含む児童文学と対象年齢がかぶってるライトノベルは、その点、もうちょい居心地が良かった。今読み返すと、「ああこれは年少者向けを意識して書いてる文章だな」っていうのも分かるんだけど、少なくとも狭義の児童文学ほどには露骨に「子供向け」を標榜してなかった。ファンタジアも電撃もスニーカーも「少年向け」「少女向け」の区別すらされてなかったんじゃないかな、公式には。今ほど「ライトノベルとはこういうものだ」っていうのが確立してなかったのも大きい。インターネットも普及してなかったしね。私は、私が読んでるものが世間的にどういったものであるか、しばらくはあまり意識せずに作品世界に没入することができた。「スレイヤーズ」を始めラノベなんて下半分メモ帳ばっかり、という類の揶揄を聞くことになるのはもうちょっと後のことだ。


sube4.hatenadiary.jp


これらの経験から、思春期以降の子供に本を読ませるためには、いかに「子供でも読めみやすいから」「未来ある君たちに読んでほしいから」といったニュアンスを隠蔽するかが重要だと思ってる。

*1:今もか?

続きを読む

アダルトアニメ業界の良心 太多秀太・山本佐和子コンビ

HENTAI アニメ

エロアニメ業界は狭い。や、詳しい業界規模とかそんなのは知る由もないけれど、製作会社の新規参入とか滅多にないし、監督や脚本家のメンツもクレジットを信じる限りではここ数年あんまし変わり映えしない。当然その中で、この人の作品は合うあの人は合わないっていうのは固定化されてきている。監督:太多秀太、キャラデザ/作画監督:山本佐和子というのは自分にとって、かなり信頼できる組み合わせではある。


この手のアニメは一般向けと比べて予算が少ない、とよくゆわれる。予算がないアニメはどうなる? ひとつには、グリグリ動かせなくなる。長時間の滑らかな動きは期待できなくなる。どうせ動かないならツールに作画を任せてしまえばいいじゃない、という考え*1の元制作されているのがイノベーティブアニメ。これはこれでひとつの回答だ。


sube4.hatenadiary.jp


そうではなく、既存のアニメの枠内でやろうとするなら、どこに力を入れてどこで抜くか、ペース配分が重要となる。一般向けだけど、庵野秀明新房昭之は極端なまでにそこを突き詰めて、天下を取った。

*1:要出典

続きを読む

田中ロミオによるエロゲ初心者におすすめの7作

HENTAI

田中ロミオ山田一は、エロゲ業界のカリスマ的なシナリオライターである*1。代表作に「加奈~いもうと~」「家族計画」「CROSS†CHANNEL」などがあり、近年はライトノベルレーベルで一般向け小説も発表している。「人類は衰退しました」「AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜」はアニメ化もされた。そのシニカルかつエスプリに富んだ偏差値の高い作風は奈須きのこなど業界内外にファンが多い。


田中ロミオの世相を斬らない」はかつて「PCAngelneo」というエロゲ雑誌に連載された業界コラム集で、まあ実際はショートショートみたいなもんなんだけど、2013年、2015年に書籍化された。その中でこの記事のタイトルのような短編があったので、作品タイトルを紹介しておく。

silkys『姫騎士アンジェリカ~あなたって、本当に最低の屑だわ!~』

f:id:megyumi:20170107172533j:plain


卑語盛り盛りの調教ゲー。「ヒロインに屑と罵られることに心からの悦びを得るようになる」らしい。ヒロインを演じたサトウユキの代表作の一つ。2007年発売。

*1:という扱いを、本人はカリスマ(笑)とネタにしている

続きを読む

高尾山で初日の出を拝んできた。でもここな様はいなかった

イベント

昨年観たTVA「ヤマノススメ」が面白かったのと、そういえば山の上からご来光を拝んだことってなかったな、という思いから、元旦のまだ夜が明けない頃から高尾山に登ってきた。2016年はエヴァの影響で第九を聞きに行ってイベント納め、2017年はヤマノススメでイベント始め。オタクなんてそれでいいんだよ。


sube4.hatenadiary.jp

sube4.hatenadiary.jp


高尾山はわりと近所なんだけど、学生の頃一度行ったきりなのでこれで2度目。とはいえ前回ちょっとした散歩気分で山頂まで行けたし、とりあえず暖かくさえしていけばどうにでもなるだろう……と油断してたのがいけなかった。


当日の日の出予定時刻は06時50分頃。山頂までは成人男性の足で2時間かからない程度。幸い京王線は大晦日から元旦にかけて終夜運転しているので、足がなくても行ける。実際に京王線高尾山口駅に着いたのは04時前で、それでも結構余裕を持たせたつもりでいたんだけれど、そんな自分が目にしたのは「混雑回避のため03時から入山規制がかかっており山頂へは行けません」というプラカードを持ってる警官の人……。入山規制! そういうのもあるのか! 確かに、ネットで調べた時に「元旦は入山規制がかかることがある」とは書いてたけれど、まさかこんなに早いタイミングでとは思わなかった。そういえばこの時間で既に下山してる人を見かけたけれど、彼らは山頂まで行けないのでご来光は諦めた人たちだったんだろうか。


f:id:megyumi:20170105102937j:plain


さておき、山頂までは行けずともそれまでに見晴らしがいいところは幾つかある。気を取り直して、登りだす。高尾山は途中まではケーブルカーとリフトを使ってもいけるけど、結構待ち時間が長いということなので徒歩で行くことに。

続きを読む